読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつ缶

のんべんだらり

2016年11月の読書メーター

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:3885ページ
ナイス数:156ナイス

ちはやふる(32) (BE LOVE KC)ちはやふる(32) (BE LOVE KC)感想
団体戦後、クイーンとの一戦。またも負けてしまったけれども、自分とかるたと新くらいしかいなかったクイーンの世界に千早も入れてもらえたのかな。そしてこれは卒業後の話も描いてもらえる感じかな。楽しみだ。
読了日:11月26日 著者:末次由紀
ちはやふる(31) (BE LOVE KC)ちはやふる(31) (BE LOVE KC)感想
準決勝は惜しくも敗退したものの、3位決定戦で千早vs新の運命的な試合。みんなの成長が見られるのはもちろん、今回は親の成長(と言うのは烏滸がましいかしら…)も見られた一冊でした。
読了日:11月26日 著者:末次由紀
逃げるは恥だが役に立つ(1) (KC KISS)逃げるは恥だが役に立つ(1) (KC KISS)感想
夫婦でドラマを毎回見ていて、そしてうちも契約結婚ではないけど割とシンパシーを感じる部分も多くてこれは原作読むか、となり、kindleストアを見たら1巻は0円になってたのでポチった。話の雰囲気は、映像の方が突き抜けてる感じがする。妄想シーンの切替とBGMの効果かな。そしてドラマは2話から見始めたので、百合ちゃんの年齢と平匡&みくりの年齢差にびっくりしてしまった…。そんな設定だったのか…。
読了日:11月26日 著者:海野つなみ
たかが復縁 (Charaコミックス)たかが復縁 (Charaコミックス)感想
これはいいおっさんBL…(吐血)ってなりながら読んでた。お互い引っかかりつつも疎遠になっていた二人が職場(厳密には違う会社同士っぽいけど)で再会して付き合い始める話。おまけエピソードで嫉妬してる天野が可愛すぎてどうしようかと…!
読了日:11月26日 著者:見多ほむろ
風神の門 (下) (新潮文庫)風神の門 (下) (新潮文庫)感想
大坂冬の陣前夜〜大坂夏の陣の話。最後は最初に惚れた人のところに落ち着きましたね。家康の取り柄は唯一長命なことだけだ、みたいな書きぶりに思わず爆笑してしまったけど、そのあとの流れも本当にそのままで、まぁ、やっぱりそれがあるからこその江戸時代の長さだったんだろうな、と思った。あと、途中でコメント投稿もしたけど、駄洒落のつもりで書いたんではないよなぁ、と思いつつ、くすっとしてしまった>p.25 甲斐の怪人
読了日:11月25日 著者:司馬遼太郎
風神の門 (上) (新潮文庫)風神の門 (上) (新潮文庫)感想
佐助と才蔵がなんだかんだ言いつつ仲良しな感じでところどころでにやにやしてしまうw 甲賀は忠義者で伊賀は一匹狼な感じなのがそのまま女性との対人関係にも反映されてる感じなのも、面白いなぁ。というか才蔵はモテすぎ手出しすぎである…。九度山のシーンの真田幸村めっちゃかっこよかったんだけど、積みまくってる真田丸の録画を早く消化せねばという気分にもなってしまってかっこよさを堪能しきれなかった気がする。
読了日:11月24日 著者:司馬遼太郎
村上海賊の娘 下巻村上海賊の娘 下巻感想
完結。挫折直後のシーンはあまりの豹変ぶりに何が起きたのかと…(経緯は作中で説明されてたけどそれでも)その後立ち上がった景はやっぱり無鉄砲だったし、味方の損害も甚だしかったけど、海戦が始まってからのシーンはページを捲る手が止まらなかった。来島と因島のおじさま方大活躍のシーンでは忍たまの兵庫水軍活躍巻を読み返したくなってしまったでござる。
読了日:11月20日 著者:和田竜
村上海賊の娘 上巻村上海賊の娘 上巻感想
因島村上、来島村上、能島村上の三家をまとめて村上海賊と呼ぶ。主人公・景は能島村上の娘で海賊仲間からは姫と呼ばれているものの、率先して海賊働きをしたりしてるのと、村上海賊のいる芸予諸島周辺の美醜の基準に照らし合わせると醜女なので嫁の貰い手がない。そんな景が本願寺門徒に出会って瀬戸内海を飛び出し、大坂本願寺vs織田家の争いに首をつっこみ…というお話。そもそものストーリーは毛利家が織田につくか大坂本願寺につくか、から始まるのだけど、気づけばほぼ空気になっていた…。下巻でまた小早川隆景が悩むのかな…。
読了日:11月17日 著者:和田竜
新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 (電撃文庫)新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 (電撃文庫)感想
コルがめっちゃミューリに振り回されていて,ホロとロレンスとはまた別の方向性なんだけど,「この母娘は……w」という気分になるなw シリーズ通しての軸はハイランドたちウィンフィール王国と教会の争いになるのかな。また今回も長くなりそうだけど,続きが楽しみだ。
読了日:11月9日 著者:支倉凍砂
×××HOLiC・戻(4) (KCデラックス ヤングマガジン)×××HOLiC・戻(4) (KCデラックス ヤングマガジン)感想
4~6巻は座敷童を救うのが話の軸になるのかな。「来るべき時に/来るべき所へ/来るものだ」という台詞があったけれども,このシリーズ,全編通してほんとそれよな…
読了日:11月9日 著者:CLAMP
梟の城 (新潮文庫)梟の城 (新潮文庫)感想
友人に薦められて。重蔵を取り巻く他の忍者が段々増えてきて,これはどうなるのと思って途中から一気に読んでしまった。終わり方が全く予想できていなかったので,そうか,こう決着がつくのか,という気分で読了。というかまさかあそこで石川五右衛門伝説が出てくるとは…。戦国時代に生きたことは彼らにとって不幸でもあり幸でもあったのかなぁ,とか。司馬遼太郎,他にも忍者小説があるときいたのでそちらも読みたい。
読了日:11月8日 著者:司馬遼太郎
おおきく振りかぶって(5) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(5) (アフタヌーンKC)感想
桐青戦。お互いに探り合いの序盤。田島家両親ラブラブすぎる…。
読了日:11月8日 著者:ひぐちアサ

読書メーター