読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつ缶

のんべんだらり

2015年5月の読書メーター

2015年5月の読書メーター
読んだ本の数:34冊
読んだページ数:7859ページ
ナイス数:247ナイス

すみれびより (ディアプラス文庫)すみれびより (ディアプラス文庫)感想
幼馴染みと再会する、というあらすじとタイトルと、あとイラストが草間さかえさんだったので購入。受の芙蓉の境遇が重いというか、そのためにかなり卑屈な感じに人格形成されてしまっており不憫。口数の少ないおばあちゃんが素敵です。
読了日:5月31日 著者:月村奎
シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と黄の花冠 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黄の花冠 (角川ビーンズ文庫)感想
アンが持っていたかぎ針のような道具,王妃様の思い出の女性銀砂糖師(ってたぶんアンのママだよな…?)と,アンと王家の間に目に見えない繋がりが見えてくるようで,わくわくしてしまった。そしてついにキースは自分の気持ちを自覚してアンに告げたけれども,シャルはどうするんだろう。
読了日:5月31日 著者:三川みり
ギヴン (1) (ディアプラス・コミックス)ギヴン (1) (ディアプラス・コミックス)感想
キヅナツキさんのバンドもの! 読まねば! と思ってついうっかり買ってしまった…。ああでもこういうの好きですいいです…はあぁ幸せ…。物語が動くのは次の巻からだろうなぁ。続きがとても気になる。あとこれ読んでてkindleの目次機能が漫画でも結構ちゃんとしてることを今更知ったので,今度からもっと活用しようと思います。はい。
読了日:5月30日 著者:キヅナツキ
恋愛できない仕事なんです (ディアプラス文庫)恋愛できない仕事なんです (ディアプラス文庫)感想
砂原さんだったのか! 久しぶりに読んだけど,事件をずっと追っている筈なのになんだかこう甘い空気が流れているのがなんともなんとも。微妙なすれ違いを続けてしまっていたりするところとか,とても微笑ましかったでござる。
読了日:5月28日 著者:砂原糖子
ヴォイニッチホテル 3 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ヴォイニッチホテル 3 (ヤングチャンピオン烈コミックス)感想
ついに完結してしもうた。なんかこうもやっとするような余韻があって,うーん,もう一度1巻から読むしかないか…
読了日:5月26日 著者:道満晴明
霞ヶ関ラヴァーズ (ディアプラス文庫)霞ヶ関ラヴァーズ (ディアプラス文庫)感想
遊び人ぽいけど不正が許せない攻×いかにも公務員な受。序盤の方の痴漢シーンは、先日取り押さえてると思しきところに遭遇してしまったのを思い出して、なんとも言えない気分になった。逸見の鈍さは、ノンケだからというよりは、恋愛なんて僕にはできそうにないし、的なのの方が強かったんだろうなぁ。お見合い相手のおねーさんは結局ちゃんと断ってくれたんだろうか。
読了日:5月24日 著者:いつき朔夜
暁のヨナ 17 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 17 (花とゆめCOMICS)感想
キジャの能力がついに明らかに。なんとなくそんな気はしていたけれども、もしかして昔から一人だけずっと生きてるのかな、と思い、それはとても寂しいことのように思えた。
読了日:5月23日 著者:草凪みずほ
ぷちます! (7) (電撃コミックスEX)ぷちます! (7) (電撃コミックスEX)感想
Kindle版にて。相変わらずぷちたちとてもかわいい
読了日:5月23日 著者:明音
俺と上司の恋の話 (ニチブンコミックス KAREN COMICS)俺と上司の恋の話 (ニチブンコミックス KAREN COMICS)感想
kindle版にて。そして登録漏れ
読了日:5月22日 著者:ナナメグリ
くさかんむりに化けると書いて (バンブーコミックス Qpaコレクション)くさかんむりに化けると書いて (バンブーコミックス Qpaコレクション)感想
kindle版にて。登録漏れ…
読了日:5月22日 著者:蔓沢つた子
霧氷街ブルース 炎の蜃気楼昭和編 (コバルト文庫)霧氷街ブルース 炎の蜃気楼昭和編 (コバルト文庫)感想
登録漏れてた…orz
読了日:5月22日 著者:桑原水菜
マル合の下僕マル合の下僕感想
誉くんと貴宣の貧乏暮らし会話,途中までは爆笑しそうになるのをかなり我慢して読んでたのだけど,最後の最後で大爆笑してしまった。あかん。誉は貴宣の更に上を行く頭の良さ(というあ嫌がらせの陰湿さ)だな…w 最終的に,出てきたみんなが未来に対して前向きに歩き出せるようになってよかったなと思う。
読了日:5月22日 著者:高殿円
ばくおん!! 6 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ばくおん!! 6 (ヤングチャンピオン烈コミックス)感想
千雨パパの決め台詞に爆笑してしまった。
読了日:5月22日 著者:おりもとみまな
凸凹 DEKOBOKO(2)<完> (イブニングKC)凸凹 DEKOBOKO(2)<完> (イブニングKC)感想
久しぶりのレース。走り始める頃よりも,終わりの方がすごく良い顔になっていたのがとてもよかった。
読了日:5月22日 著者:きらたかし
第三の新人名作選 (講談社文芸文庫)第三の新人名作選 (講談社文芸文庫)感想
「海人舟」を読んでみたかったので,手に取った。すごくもやっとしたのだけれども,映画の情報を見るとタイトルは「海人舟より 禁男の砂」役ももっと多いので,もしかしてこれは抜粋なのか…? でもこれはこれで完結している感じもしなくもないので,よくわからん…。/「第三の新人」の括りの意味を知らないまま最後まで読んで,解説で意味を知った。(文壇的に)戦後第三世代,ということなのか。それを知って思い返してみると,たしかに戦争の影がどことなく漂っているような作品が多かったように思う。
読了日:5月20日 著者:安岡章太郎,阿川弘之,庄野潤三,遠藤周作,吉行淳之介,小沼丹,近藤啓太郎,小島信夫,島尾敏雄,三浦朱門
orange(1) (アクションコミックス)orange(1) (アクションコミックス)感想
地元が舞台とのことで、気になっていた作品。変えられる部分とそのままの部分が複雑に絡み合っていて、SF要素も十分面白い。続きも読もうかな。高校のモデルどこかな、というのが目下一番気になるポイントです。
読了日:5月18日 著者:高野苺
エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)感想
読んでみたいね,という話になったので購入。俺妹読んでないので,「同じコンビなんだよ」と言われて「ほよー」となっていたりなど。勝負の最後のくだり,対象を絞り込めば絞り込むほど…っていうのは,娯楽小説やイラストに限らず,仕事の資料とかもそうだよなぁ,とぼんやり思ってしまったりなど。しかし無事に両思い(?)でよかった!
読了日:5月17日 著者:伏見つかさ
魔法使いの嫁 通常版 3 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 通常版 3 (BLADE COMICS)感想
ついに使い魔との契約を果たす。契約のシーンも幻想的で素敵だったけれども,ウィル・オ・ウィスプもセルキーも,そして成長したドラゴンもみんなとてもかわいくてもうもう…素晴らしかった。チセの将来を心配する大人たち。チセの気持ちも,大人たちの気持ちもなんとなくわかるので,どちらの味方にもなれないけれど,でももっと広い世界にいた方が,最終的にチセもエリアスも幸せになれるんでないかな,と思ったりなど。
読了日:5月17日 著者:ヤマザキコレ
初回限定版 魔法使いの嫁(2) 【描き下ろし漫画小冊子付き】 (ブレイドコミックススペシャル)初回限定版 魔法使いの嫁(2) 【描き下ろし漫画小冊子付き】 (ブレイドコミックススペシャル)感想
小冊子のエリアスもとても大人気なくて笑ってしまったw 妖精女王夫婦,素敵だなぁ。
読了日:5月17日 著者:ヤマザキコレ
魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS)感想
ずっと気になっていた作品。勉強会でお世話になってるおねーさんからお借りしました。英国魔術もので異種婚姻譚とかどんだけ私のツボをつきまくりなんだ! もっと早くに読むんだった!! この巻は,アンジーの工房が素敵だな,というのと,あとアイスランドの竜の巣にとても行ってみたくなった。私も竜の子どもたちに無茶ぶりされてみたい(ほんとに一緒に遊んだら寿命縮むと思うけど)
読了日:5月17日 著者:ヤマザキコレ
シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と赤の王国 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と赤の王国 (角川ビーンズ文庫)感想
聖堂内、すごくきれいだったんだろうなぁ…。みんな無事に仕事を終えられたし、ブリジットもグレンさんも元気になって、よかった。要塞に集められていた妖精たちは、使役と自由の二択しか知らないから、シャルたちみたいに共生する、というのは想像できないし、使役者が変わっただけというのも、相手が妖精だからなおさら気づかなかったんだろうなぁ。
読了日:5月15日 著者:三川みり
アトラスの魔道士 ―スレイヤーズ (2) (富士見ファンタジア文庫)アトラスの魔道士 ―スレイヤーズ (2) (富士見ファンタジア文庫)感想
黒幕は思った通りだったけど、途中で出てきた呪術がえぐくてちょっとつらかった…。
読了日:5月14日 著者:神坂一
坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)感想
兄渡仏、弟吉野回航、子規喀血まで。
読了日:5月13日 著者:司馬遼太郎
シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と紫の約束 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と紫の約束 (角川ビーンズ文庫)感想
アンのお菓子を思わず食べちゃったあとで「ご主人様のくれた食べ物じゃないのに食べちゃった」ってパニクってるノアがあまりにも可愛くてどうしようかと。グラディスはいつ化けの皮が剥がれるかしらと思っていたけれども、やっぱり正体は前回の追い剥ぎでしたね。せっかく素直になりつつあることだし、シャルにはがんばってアンを守ってほしいな。
読了日:5月11日 著者:三川みり
魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編 (電撃文庫)感想
大告白シーンキター!!!という感じで途中から延々と爆笑しつつ読了。家で読んでてよかった。ほんとよかった。表紙イラストがあまりにもそれっぽくてまさかそんなとか思ってたけど、折り込みのイラスト見てもまさかそんなとか思ってたけど、まさかそんなな司波夫妻(予定)爆誕でとても楽しかったです。あの入場の口上も。一条家の口出しの理由が気になるので、次巻も楽しみです。
読了日:5月10日 著者:佐島勤
御鑓拝借〈新装版〉―酔いどれ小籐次留書 (幻冬舎文庫)御鑓拝借〈新装版〉―酔いどれ小籐次留書 (幻冬舎文庫)感想
読み始めて気がついた。これ,NHKかどこかでドラマ化してたの見てたわ…。若干文体が合わない感じがあって,慣れるまで読むのが少し辛いなと思ったりもしたけれども,小藤次の様子だけでなく,被害に遭った藩の人同士のやりとりの部分がかなり丁寧に描かれてて,面白かった。続きも読んでいこうかしら。
読了日:5月8日 著者:佐伯泰英
アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (2) (電撃コミックスEX)アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (2) (電撃コミックスEX)感想
全部読んでるつもりでいたけど,読み忘れがあったり忘れてる話もあったりで,ひたすら爆笑しながら読んでいた。ほんとみんなかわいい
読了日:5月7日 著者:
アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (1) (電撃コミックスEX)アイドルマスター シンデレラガールズ シンデレラガールズ劇場 (1) (電撃コミックスEX)感想
登録漏れ。テキスト部分読んで色々思い出してしまい感慨深い
読了日:5月7日 著者:
利家とまつ〈下〉 (新潮文庫)利家とまつ〈下〉 (新潮文庫)感想
ちょうどこれを読んでいる途中で米沢に行ったら前田慶次推し(いまNHK木曜時代劇をやっているので)で,少しご縁を感じました。こうして加賀百万石ができあがったのだなぁ。米沢で見た「德川家以外では前田家だけが高い官位(少将以上だっけ?)につくことができる」というのも理由がわかった(ような気がする)。そしてこの時代の話を読んだときにいつも思うことではあるけれども,やっぱり今回も秀吉陣営を好ましいとは一瞬も思えないまま終わった…。
読了日:5月7日 著者:竹山洋
月に吠えらんねえ(2) (アフタヌーンKC)月に吠えらんねえ(2) (アフタヌーンKC)感想
みんなが何かを見落としている? と思っていたけれど、そうではなく、街か世界が捻れてきているのかしら? という感じが
読了日:5月5日 著者:清家雪子
シュガーアップル・フェアリーテイル銀砂糖師と緑の工房 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル銀砂糖師と緑の工房 (角川ビーンズ文庫)感想
銀砂糖師となったアン。初めての職人頭としての仕事。お仕事もシャルのことも、どちらもうまくいってよかった! 最後のブリジットの部屋に現れた妖精と、途中で事件を引き起こした妖精とは別人なのかしら...同一人物に思えてしまうのですが、はてさて。
読了日:5月4日 著者:三川みり
パスワード ダイヤモンド作戦! -パソコン通信探偵団事件ノート(21) 「中学生編」- (講談社青い鳥文庫)パスワード ダイヤモンド作戦! -パソコン通信探偵団事件ノート(21) 「中学生編」- (講談社青い鳥文庫)感想
中学生編第2弾。いつもよりも多めな気もするパズルはもちろん面白かったのだけれども、なかなかレイさんの記憶が戻る気配がなくて、やきもきしてしまった。
読了日:5月3日 著者:松原秀行
白暮のクロニクル 5 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 5 (ビッグコミックス)感想
長野県の山奥にある療養施設の巻。「魂だけでもシャバに」という言葉に少し考えさせられる。
読了日:5月2日 著者:ゆうきまさみ
利家とまつ〈上〉 (新潮文庫)利家とまつ〈上〉 (新潮文庫)感想
ものすごい子沢山でびびってしまった。あと、なんのかんの言いつつそれなりに浮気をしている利家さんにちょっと引き気味...。この前まで読んでた「功名が辻」とはまた違う視点で織田信長陣営が描かれていて、面白い。
読了日:5月2日 著者:竹山洋

読書メーター