読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつ缶

のんべんだらり

ようやく開封したので

M-50使い始めたときはメモ残そうとかそういうの一切思いついてなかったのだけれども,今回はちゃんとメモ残していこうと思う。
(正直取説ちゃんと読んでれば問題ないんだろうなと思いつつ,英語だったので面倒くさくなって読まずに始めたとかそういう理由だったりもする)

・電源は長押し
・M-50のファイルは読み込み不可*1
・プログラムで設定可能なドラムキットのなかにメトロノームっぽい音はない
・レイヤーボタン,スプリットボタンは,レイヤーとスプリットの簡易設定をするためのもの。そういえばコンビネーションでは試してないけど,少なくともプログラムでやる分にはかなり便利な感じがする。レイヤーは,重ねる音の種類だけ選べばあと勝手にやってくれる感じ。スプリットは,音の種類とわけるところを選ぶことができる。2種類しか音使わないような曲なら正直これで十分じゃないかという気がする。*2

今日はひとまずここまで。

*1:まぁ音の種類が違ってるので,当たり前ですね

*2:店頭で試したYAMAHA MXは分けるところを自分で選べなさそうな感じがして,買うのをやめてしまっていた。あれ実際どうなんだろう…