読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつ缶

のんべんだらり

2015年11月の読書メーター

2015年11月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:4120ページ
ナイス数:205ナイス

悪だくみにも花はふる (ディアプラス・コミックス)悪だくみにも花はふる (ディアプラス・コミックス)
読了日:11月30日 著者:雨隠ギド
悪人を泣かせる方法 (ディアプラス・コミックス)悪人を泣かせる方法 (ディアプラス・コミックス)
読了日:11月30日 著者:雨隠ギド
恋まで百輪 (ディアプラス・コミックス)恋まで百輪 (ディアプラス・コミックス)感想
青年発火点シリーズ3冊を読んでたら読み返したくなったので。/小太郎ほんとかわいい…。あんなアホの子全開で頭いいとか反則やw
読了日:11月29日 著者:雨隠ギド
2泊3日でここまで遊べる! 週末台湾ベストルート (タツミムック)2泊3日でここまで遊べる! 週末台湾ベストルート (タツミムック)感想
各行程とも,最初にスケジュールとざっくりとした移動をまとめたページがあり,そのあとに写真つきの各地の紹介。見てると割とどこも行きたくなってくる。ただ,読んでる途中で台湾には行かないことになったので,途中から流し読み。週末に行ってみるのもいいんじゃない,という話にはなったので,ほんとに行くときにはこういう本を買って参考にしてもいいかな,と思った。台北周辺が多いので,台南とか高雄側のルートも込みの本があったらもっといいなー,とも思わなくもない。便数少なそうだし,週末ひょいっとには向いてないのかな。
読了日:11月28日 著者:
青い鳥より (ディアプラス・コミックス)青い鳥より (ディアプラス・コミックス)
読了日:11月23日 著者:雨隠ギド
火傷と爪痕 (ディアプラス・コミックス)火傷と爪痕 (ディアプラス・コミックス)
読了日:11月23日 著者:雨隠ギド
青年発火点 (ディアプラス・コミックス)青年発火点 (ディアプラス・コミックス)
読了日:11月23日 著者:雨隠ギド
青い鳥より (ディアプラス・コミックス)青い鳥より (ディアプラス・コミックス)
読了日:11月22日 著者:雨隠ギド
やぎさん郵便 3 (シトロンコミックス)やぎさん郵便 3 (シトロンコミックス)感想
足かけ10年だったのか…! ハッピーエンド(だよね?)でよかった。
読了日:11月22日 著者:草間さかえ
伊豆の踊子 (角川文庫)伊豆の踊子 (角川文庫)感想
川端康成は読んだことないのだよー、と話したら家人が貸してくれたので。「父母」はどれを書いたのが誰だかわからないままに読み終わってしまった。他も、なんとなくこうかな?とわかるような気分になるものもあれば、雰囲気はわかるような…のものもあり、この頃の人の小説をきちんと読む能力がなくて申し訳ない…という気分になった。
読了日:11月22日 著者:川端康成
きみのハートに刻印を (プラチナ文庫)きみのハートに刻印を (プラチナ文庫)感想
前の巻、買ってそうだけど見つからないからとりあえず…と思って読み始めた。結果的には大丈夫だった。/純朴青年がイケイケ不器用おにーさんにほだされて?お付き合いをするお話。平野室長が好きです。後半ほぼ出てこなくなっちゃってたけど…。
読了日:11月19日 著者:椹野道流
ここはボツコニアン 5 FINAL ためらいの迷宮ここはボツコニアン 5 FINAL ためらいの迷宮感想
ついに完結!今回も地の文で出てきたゲームやりたくなってきてしまって困った…w 急展開ではあったけど、ちゃんと最初の設定が生かされた状態で裏ワザ使っちゃった的な流れになってたのも、なんだかゲームっぽくてよかった。ピノピかわいかったなぁ。
読了日:11月18日 著者:宮部みゆき
手のひらの露 2 (星海社FICTIONS)手のひらの露 2 (星海社FICTIONS)感想
相変わらずご飯が美味しそう。あと調味料の具体的な分量が書いてあるのとても嬉しい。今度作ってみます。/前半には前巻で出てた怪しげな人がいなかったから、重いけど穏やかに話が進むのかな? 思ってたらどんどん嫌な予感が続く話になって、暗転。こ、これは来春予定の3巻読まないと安心できぬ…。反撃がんばれ、というよりも、二人が光明を見出だせますように、と思う。あと三浦さん、味方になる約束はどうなった…これも3巻に持ち越しかしら…。
読了日:11月16日 著者:shachi,pikomaro
台湾おしゃべりノート 地球の歩き方編集女子が見つけたTaiwan最強の楽しみ方教えます (地球の歩き方BOOKS)台湾おしゃべりノート 地球の歩き方編集女子が見つけたTaiwan最強の楽しみ方教えます (地球の歩き方BOOKS)感想
台湾に行こうという話になったので,読んでみた。普通のガイドブックを見る前にこちらを見てしまったので,位置関係とかはいまいちよくわからないな…と思いつつも,魅力的な場所が多くてわくわくしてきた。たぶん,実際に自分は行ってみてどうだった,みたいな書き方が多いから余計に魅力的に感じるんだろうなぁ。あと,お土産にはこういうものがこういう人たちに喜ばれるよ,みたいな話もあってとても助かった…。
読了日:11月15日 著者:富永直美著,阿多静香著,谷口佳恵著富永直美著,谷口佳恵著
甘城ブリリアントパーク 1 (富士見ファンタジア文庫)甘城ブリリアントパーク 1 (富士見ファンタジア文庫)感想
アニメは既に見ていたのだけれども、原作は初読。原作のがアニメよりも全体的にキャラクターたちのダメな面が多い感じがして、それはそれで読んでいてとても面白かった。というか私はこちらの方が好きかも。アニメ見ちゃってるし原作どこまで読もうかなぁとか思ってたけど、続きもちゃんと読みたくなった。あと遊園地行きたくなった。
読了日:11月14日 著者:賀東招二
orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション))orange(5) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
ついに完結。と言っても4巻までを読んだのが比較的最近のことなので,一気に終わってしまった感じになってしまっているのだが…。/4巻を読み終わった時点でどうなることかとはらはらしていて,5巻もずっとはらはらしていたのだけれども,本編もおまけもハッピーエンドでよかった。本筋には全く関係ないけど「プロ入りしようぜ!」で山雅が出てくるって,あれこの作品の時間軸いつなんだっけ…ってなってた。1巻も比較的最近読んだはずなのにそのあたりをきちんと覚えていないという…
読了日:11月13日 著者:高野苺
orange(4) (アクションコミックス(月刊アクション))orange(4) (アクションコミックス(月刊アクション))感想
未来を変えようとみんなでがんばって、いい方向に進んだような気がしつつ、最後にとても不安になる手紙が登場。二年参り、って方言だったの? と思い、愛知出身の家人に訊いてみたら「ああ、言うね」だったので、割りと広い範囲の方言なのか…? それか、狭い範囲の方言だったのが標準語に入り込んだかな…?
読了日:11月7日 著者:高野苺
ヲタクに恋は難しい (1)ヲタクに恋は難しい (1)感想
ひたすら爆笑してしまった。これはひろたかさん大人気なのもわかるw 2巻出てほしい! 渋のも一通り読んでみようかな。→(以下,同日夜追記)pixiv版で最新話まで読んだ。そうか,あれは加筆部分だったのかとか色々気づいた部分もありつつ,これpixivでリアルタイムで追いかけてたかった…と歯噛みしていました。そして当たり前だけど向こうも面白かった。
読了日:11月6日 著者:ふじた
八月の六日間八月の六日間感想
読んでる最中にもつぶやいた(職場にあったので借りてきて読んでいる。読んでると山に登りたくなってくる。一人称でエッセイみたいな雰囲気になってるからかな。)けど,ほんとにこれ,ひたすら山に登りたくなる。そして羊羹を食べたくなる。羊羹は今日のお昼休みに一口羊羹を職場の購買で買って午後ちまちま食べていたけれども,山は数年登っていないのでどうしたものか。とりあえず今月近所でウォーキングイベントがあるそうなので,とりあえずそれに行こうと思った。そんな読了後。
読了日:11月5日 著者:北村薫
あまつき 20 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)あまつき 20 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
徐々に明かされてく感じがこう…じりじりとしていてもどかしい。しかしこれ、すごいSFだな…読み始めたときはまさかこういう方向性になるなんて思ってもみなかった。
読了日:11月3日 著者:高山しのぶ
契約妻と伯爵家 (メリッサ)契約妻と伯爵家 (メリッサ)感想
Web版が引き上げられていなかったので、ひとまずそちらで。主人公もいい性格してるけど、周囲の人たちが魅力的なのもよいよい。電子書籍版あるなら、そちらも読んでみようかな。Web版そのままということは、加筆修正等あるのだろうし。→(11/16追記)Web版で続編の最後まで読んだ。最後はきちんとハッピーエンド(誰にとってかはさておき)だったのと,続編からのキャラたちも魅力的でとてもよかった。続編も書籍化するのかな。されてほしいな。せっかく面白い作品なので。
読了日:11月3日 著者:白柳いちか

読書メーター