読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつ缶

のんべんだらり

2014年2月の読書メーター

読書メーターログ

2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:32冊
読んだページ数:6516ページ
ナイス数:125ナイス

ゆずべんとう (1) (ビッグガンガンコミックス)ゆずべんとう (1) (ビッグガンガンコミックス)感想
本屋をさまよってて,なんとなく買ってしまった1冊。ゆずちゃんかわいい! とても和んだので2巻目も買おうかな。頭ごっつんってしたら何のお弁当作ったらいいかわかる,ってなんだかすごい能力だな…。それにしてもゆずちゃんとてもかわいい。
読了日:2月23日 著者:葵梅太郎
夫は泥棒、妻は刑事2 待てばカイロの盗みあり<新装版> (徳間文庫)夫は泥棒、妻は刑事2 待てばカイロの盗みあり<新装版> (徳間文庫)感想
1巻読んでから1年くらい間あいちゃってた気がする。でもするっと入れて,やっぱりなんかさらっと読みやすいわかりやすさでありがたいなーと思いながら読んでた。それにしても夫すごい! 超凄腕泥棒だ!
読了日:2月22日 著者:赤川次郎
もとちゃんの痛い話 (角川文庫)もとちゃんの痛い話 (角川文庫)感想
ふえええええアテロームこわいこわいこわいいいい,と電車の中でひたすら怯えつつ読んでた。麻酔効かないのはほんと大変そうだな…。
読了日:2月20日 著者:新井素子
お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)感想
「夜が〜」とセットで読了。なんだか難しいなって思ってしまうのもあれば,すとんと納得のいくのもあり。読み終った後はなんとなくふわふわした感じになってた。
読了日:2月18日 著者:時雨沢恵一
夜が運ばれてくるまでに (メディアワークス文庫)夜が運ばれてくるまでに (メディアワークス文庫)
読了日:2月18日 著者:時雨沢恵一
桜ほうさら桜ほうさら感想
お正月にNHKでやっていたのを見ていたのでどうしてもそれに出てた俳優さんたちを想像しながら読んでしまったのだけど、原作の方が私は好きだなと思った。NHKのはやっぱり端折ってある分、唐突に感じるところがあったので。それにしても和香さん、いいなぁ。とても好ましい。
読了日:2月17日 著者:宮部みゆき
まほろまてぃっく (8) (ガムコミックスプラス)まほろまてぃっく (8) (ガムコミックスプラス)感想
うああああのシーンで終わるとかそんなそんなそんなああああと号泣しつつ読了。まほろさんほんとかわいい。だいすき。
読了日:2月14日 著者:中山文十郎,ぢたま某
まほろまてぃっく (7) (ガムコミックスプラス)まほろまてぃっく (7) (ガムコミックスプラス)
読了日:2月14日 著者:中山文十郎,ぢたま某
まほろまてぃっく (6) (ガムコミックスプラス)まほろまてぃっく (6) (ガムコミックスプラス)
読了日:2月14日 著者:中山文十郎,ぢたま某
まほろまてぃっく (5) (ガムコミックスプラス)まほろまてぃっく (5) (ガムコミックスプラス)感想
みなわちゃんかわいい…!
読了日:2月14日 著者:中山文十郎,ぢたま某
まほろまてぃっく (4) (ガムコミックスプラス)まほろまてぃっく (4) (ガムコミックスプラス)
読了日:2月14日 著者:中山文十郎,ぢたま某
まほろまてぃっく (3) (ガムコミックスプラス)まほろまてぃっく (3) (ガムコミックスプラス)
読了日:2月14日 著者:中山文十郎,ぢたま某
まほろまてぃっく (2) (ガムコミックスプラス)まほろまてぃっく (2) (ガムコミックスプラス)
読了日:2月14日 著者:中山文十郎,ぢたま某
つくもがみ、遊ぼうよつくもがみ、遊ぼうよ感想
つくもがみも子どもたちもとても愛らしい。捨てられた子どもを捜しているお大尽の話が全体の大きな話で,それぞれ小さな時間を解決していく感じ。遊んでほしいけど壊れて消えてしまうのはこわいから遊んでほしくないけどでもでもでも,というそう六(双六の付喪神)がなんだかいじましいというかなんというか。みんなかわいいなぁ,の一言に尽きる。子どもたちの親みたいなきちんとした親に,大人に自分がなれてるかは甚だ不安になりつつ。
読了日:2月12日 著者:畠中恵
さよならソルシエ 2 (フラワーコミックスアルファ)さよならソルシエ 2 (フラワーコミックスアルファ)感想
画家「ゴッホ」ができあがるまで。売れない戯曲家の人,どうしてこれで売れないんだろうと思ってしまう…。
読了日:2月9日 著者:穂積
さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)さよならソルシエ 1 (フラワーコミックスアルファ)感想
そもそも読むまでゴッホに弟がいたことを一切知らずに読み始めたのだけれども,こんなに優秀な兄がいて,弟,とても複雑だったろうなぁ…。
読了日:2月9日 著者:穂積
うどんの女 (Feelコミックス)うどんの女 (Feelコミックス)感想
ずっと気になってたのだけど,読み始めてみたら最初の方はひたすら笑い転げてしまっていた。ああでもこれはさらっと読めてとても面白い。
読了日:2月9日 著者:えすとえむ
宝石の国(1) (アフタヌーンKC)宝石の国(1) (アフタヌーンKC)感想
これたぶん複数回読まないと話の流れがわからんな複雑だなでも先生袈裟懸けの坊さんみたいだし月人たちの武器錫杖っぽいしああこの世界観好きだなと思いつつ読了。また読む。
読了日:2月9日 著者:市川春子
マギ 19 (少年サンデーコミックス)マギ 19 (少年サンデーコミックス)感想
黒いジンを生成する炉なんて,なんて面倒なものを…と思ったけど,それだけ思い詰められつつあったんだろうなぁ。あと紅家は一体ではなかったのかというのに今更ながらに気づいた。
読了日:2月9日 著者:大高忍
マギ 18 (少年サンデーコミックス)マギ 18 (少年サンデーコミックス)感想
やっぱり戦争シーンは苦手だなと再認識。世界観面白くて好きだけど,やっぱり読むのちょっとつらい。
読了日:2月9日 著者:大高忍
千年万年りんごの子(2) (KCx ITAN)千年万年りんごの子(2) (KCx ITAN)感想
二人がどんどん仲良くなるのが切ない,かなしい。
読了日:2月9日 著者:田中相
千年万年りんごの子(1) (KCx ITAN)千年万年りんごの子(1) (KCx ITAN)感想
ずっと気になってた。結局レンタルしてしまったけれども,これはまた買ってしまうような気がする。青森のとあるりんご農家に婿に入った青年が古いしきたりを蘇らせてしまい,お嫁さんを守るため,それに抗おうとする話…っていう認識でいいんだろうか。
読了日:2月9日 著者:田中相
大奥 10 (ジェッツコミックス)大奥 10 (ジェッツコミックス)感想
これの田沼も剣客商売の田沼もいい人だな好きだなって思うんだけど,歴史上の評価もお話の中での周囲の評価もそうではないんだよな。人痘はうまくいったし,方法も伝えられた。でも散り散りになってしまって,それで本当に続けて/伝えていけるんだろうか。
読了日:2月9日 著者:よしながふみ
王子様と灰色の日々(4)<完> (KCx ARIA)王子様と灰色の日々(4)<完> (KCx ARIA)感想
完結してたのか。ハッピーエンドでよかった。
読了日:2月8日 著者:山中ヒコ
帯をギュッとね!―New wave judo comic (17) (少年サンデーコミックス)帯をギュッとね!―New wave judo comic (17) (少年サンデーコミックス)感想
ついにインターハイ予選突破した浜高。計量のランニングでちょっと笑ってしまった。オーバー→ランニング→合格,も時間に間に合えばOKなのね。別所さんと保奈美がちょっと面白い。
読了日:2月8日 著者:河合克敏
とりかえ・ばや 3 (フラワーコミックスアルファ)とりかえ・ばや 3 (フラワーコミックスアルファ)感想
沙羅の子どもは生まれてしまうし最後の最後でバレてしまうし沙羅の災難はまだまだ終わらない…。睡蓮はどんなだったっけと思い出そうとしたけど原作の流れも「ざ・ちぇんじ」の流れも思い出せず。ひとまず次巻が楽しみ。
読了日:2月8日 著者:さいとうちほ
夢の上 - サウガ城の六騎将 (C・NOVELSファンタジア)夢の上 - サウガ城の六騎将 (C・NOVELSファンタジア)感想
本編を読みきったので読んだけど,こっちは短編だからか本編よりも明るい話が多いからか,するすると読みきってしまった。本当にケナファ侯は変人が大好きなんだな(最大級の褒め言葉です)。私もトバイットさんが大好きですよ! と心の中で言いまくりながら読みました。
読了日:2月8日 著者:多崎礼
夢の上3 - 光輝晶・闇輝晶 (C・NOVELSファンタジア)夢の上3 - 光輝晶・闇輝晶 (C・NOVELSファンタジア)感想
やっと読み終わった…。最後は二人の王子。同じ場面を違う視点で読んで,読めば読むほど夜の王の後悔を辿るような心地になってしまって,この巻は特に読み進めるのがつらかった。でも最後が大団円で本当によかった。
読了日:2月8日 著者:多崎礼
とりかえ・ばや 2 (フラワーコミックスアルファ)とりかえ・ばや 2 (フラワーコミックスアルファ)感想
ついに沙羅が結婚! したけどでもやっぱり四の姫はなんとなく物足りなく感じていて…というのがとてもよくわかって,最後のシーン見てあーやっぱそうなるわよねと思ってしまった。原作もそうだし…。沙羅も睡蓮もこれからどんどん悩むことが増えてくけど,そのあとよりいっそう幸せになれる(はず)なのでがんばって! と思いつつ読了。
読了日:2月7日 著者:さいとうちほ
とりかえ・ばや 1 (フラワーコミックスアルファ)とりかえ・ばや 1 (フラワーコミックスアルファ)感想
ずっと読んでみたかったシリーズ。時代は平安になってるけど原作それなりに変えた感じになるかなと邪推してたけどそんなこともなく。割と忠実な感じで(天狗は原作というか底本にはなかった気がするけど)続きがどんな風に描かれるのか,とても楽しみ。
読了日:2月5日 著者:さいとうちほ
源氏物語 紫の結び〈2〉源氏物語 紫の結び〈2〉感想
読み進めば読み進むほどに光源氏君が嫌いになるなぁと常々思っていたけど,荻原さんの訳で読んでいてもやっぱり嫌いになってしまって読み進めるのつらくなってきてた…。モテモテってことになってる筈なのにどうして私はこうまで嫌いだと思ってしまうんだろう…。
読了日:2月3日 著者:
僕と君のミドリとドリル (FCオンブルーコミックス) (Feelコミックス オンブルー)僕と君のミドリとドリル (FCオンブルーコミックス) (Feelコミックス オンブルー)感想
あーなんかこの感じいいなー好きだなー。
読了日:2月1日 著者:イシノアヤ

読書メーター