読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつ缶

のんべんだらり

私らしくあの場所へ


図書館から借りて手つかずのまま返却期限間近となって慌てて野中柊島本理生のだけ読んだ。借りた目的、その二人だったし。
失恋と車の話でした、どちらも。そういう企画の本なので当たり前ではありますが。
島本理生の話は好きです。短くて、でも、「こわさ」がにじみ出てる。「あなたはこわい人だ」のメモを残して出て行った彼女も相当素敵だと思いましたが。