りつ缶

のんべんだらり

いつも先に手を離すのは私

ごめんなさい、ごめんなさい。


さよならを言ったあとは、いつもかなしい。
まだ好きなのか、そうじゃないのか。いまだによくわからなくて、まちがえてしまう。傷つけるばかりの自分に、吐き気がする。