りつ缶

のんべんだらり

いつだって不確かなものを求めて、確かなものに縋っている。