読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りつ缶

のんべんだらり

数学に恋したくなる話

「音楽と数学」「江戸の数学」「秋山仁の最新オススメ定理」しか読んでないのでこちらで。 「音楽と数学」 : コードの話と音階の話がやっぱり主だった。円形鍵盤の並びの順にコードが進行する曲がきいてて心地いいだっていうのは、なるほど、と思った。知ら…

魔法使いクラブ

「今あんたたちがやってるのは、地図記号やら葉っぱの秘密を覚えることじゃなくて、何かをふしぎに思ったり、考えるってことを覚えるってことなの。大人になるともっとめんどうくさいことを考えなきゃいけなくなるから、その練習よ」 魔法使いクラブ作者: 青…

永遠の詩06 宮沢賢治

〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕 夜の湿気と風がさびしくいりまじり 松ややなぎの林はくろく そらには暗い業の花びらがいっぱいで わたくしは神々の名を録したことから はげしく寒くふるえている 「春と修羅 第二集」より永遠の詩(6) 宮沢賢治作者: 宮…

出世花

p. 79-80 「出世魚か、面白いことを言う」 (中略) 「正縁は魚ではない、さしずめ『出世花』と言うところかな」 正念の言葉に、お縁はどう応じていいかわからず、戸惑うばかりだ。そんなお縁に正念は慈愛の眼差しを向けて、こう言葉を継いだ。 「仏教で言う…

カントル

千秋 本来音楽(ムジカ)とは調和の根本原理そのものを指していて 理論的に調和の真理を研究することが「音楽」だった 中世ではその音楽理論を熟知して「理性の力によって作品全体に対し入念に音楽を判断できる人」を「音楽家」(ムジクス)といって ただ音…

どこまで続けるの?

(略) そんな子どもたちに対する一番の裏切り行為は、僕たちがこのゲームづくりをやめてしまうことです。もう飽きたとか、違うものをつくりたいとか、もっと効率よく利益を出せるものに切り替えようとかいう理由で、このビジネスをフェードアウトさせようと…

宵山迷宮

彼女は河野画伯と女の子たちが消えた雑踏を、喘ぎながら見つめていた。頬に血の気はなかったけれども、もう暴れることはなかった。「ゆっくりです、ゆっくり」と私が言うと、彼女は私の胸に頬をつけて、しばらく動きを止めていた。呼吸が落ち着いてきてから…

キャッチコピー、見るの大好き。

121p ダイエットには、甘い恋を。 157p 生きるが勝ちだよ、だいじょうぶ。 うそみたいな、ほんとが、ほしい。 177p ほしいものが、ほしいわ。 184p 音楽は時代に咲く花だ。 186p どんな病気も、 愛でなおるんだったら いいのに。 187p ひとは、引力。 203p …

ケータイでも読んだけど

226~227p 別れる男に花の名前を一つ教えておきなさい。花は必ず毎年咲きます。 文豪・川端康成はそんな言葉を遺したそうだが――ロマンチシズム? リリシズム? いやいやそんなもんじゃない、とさやかは内心で決め打ちした。 その発想は一言で言って『女々しい…

例によって親から借りた

巌雄じいちゃん名言集じみてる感はありますが。 56p 「いいか、医学生、医学とは、屍肉を喰らって生き永らえてきたクソッタレの学問だ。そのことを忘れてはいかん」 188p 「おい、そこのできそこないの医学生、これが最後だから、耳をかっぽじいてよく聞けよ…

超きゅんきゅん

478p だが土下座をやめようとしない功一を見ているうちに、次第に気持ちが落ち着いてくるのを感じた。血の繋がりがないとはいえ、これほど深く強く心が結びついた三人のことを羨ましいと思った。行成にとって静奈はかけがえのない存在だ。ならば彼女が愛する…

日本語を考える 2

130p 「学者語源」と「民衆語源」とに分けると、この二つがはっきり弁別されるかのように思われるかもしれない。しかし、科学的な語源研究をする学者も、研究室の外では民衆のひとりである。同じ人間が学者と民衆とを使い分けるのは本来無理なことなので、両…

ジャージの二人

なんにせよ『十年で衰える』なんてコンパクトでいい。最初からそういうものだと思えば衰えても大して残念でもないだろう。哀しいことや辛いことがあってもすぐにすむ。父も三度も結婚せずに済んだかもしれない。 永久の愛なんてあり得ないということは既に思…

まだ読みかけ

それにしても、家をたてる土地を買うとき、アパートの部屋を選ぶときには、東南のすみの南向きということを頭にいれておくといい。採光・保温に最適だからである。 日本語を考える作者: 柴田武出版社/メーカー: 博文館新社発売日: 1995/07メディア: ハードカ…

読み終わったの2週間くらい前だけど

パッとホロの顔が輝く。 「林檎も?」 「生のものはどうだろうな。そろそろ冬に向けて漬物にされていると思うが」 「……漬物?」 ホロが怪訝な顔をして聞き返す。北のほうで保存食といえばなんでもかんでも塩だろうから、林檎の塩漬けだとでも思ったのだろう…

古事記 2

63p 娘の名は櫛名田比売(奇シ稲田ヒメで、稲田の守護神)といいます 88p 「国は譲ってさしあげよう。その代り、私のために巨大な神殿を造ってくれ」 地上世界である葦原中国を治めていた大国主神が、高天原の神に国を譲ることを迫られたときに出した条件で…

古事記

なお、上に述べた黄泉ひら坂は、現在の出雲国の伊賦夜坂(島根県八束郡東出雲町揖屋町の揖夜神社か)といわれる。 そうだったのか! 実在する場所でしかも神社なら、いつか行ってみたいかも。 古事記 (日本の古典をよむ 1)作者: 山口佳紀,神野志隆光出版社/…

from父

82p かつて飾麿はこう言った。 「我々の日常の九〇パーセントは、頭の中で起こっている」 176p やがて飾麿も黙り込んだ。彼の瞳は彼岸に揺れる街の明かりを淡々と映した。 髭面の高藪だけが歌い続けていた。 「一つ積んでは父のため、二つ積んでは母のため …

氷室さんだから“い”で止まってるんよね

燭(ともしび)を背けては 共に憐れむ深夜の月 花を踏んで 同じく惜しむ 少年の春―― ざ・ちぇんじ! (第2巻) (白泉社文庫)作者: 山内直実,氷室冴子出版社/メーカー: 白泉社発売日: 1999/09メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (13件) を…

電脳コイル 4

「そうね。メガネを外すと、ちょっとだけ悲しい気持ちになるね。なんでだろう。先生はいちどもメガネを体験したことがないのにね。いちど別れた友だちと、もういちど別れるようなそんな気持ち」 電脳コイル 4 (トクマ・ノベルズEdge)作者: 宮村優子,押山清高…

いけちゃんのだいじょうぶのあじ

たまごをといて ちりめんじゃことおネギをいれるの。 あと、おしょうゆを少し。 で、卵焼きを作るわけです。 これがあるとね おかずがなーんにもない日も ひとりぼっちのごはんも 大丈夫なの。 いけちゃんとぼく作者: 西原理恵子出版社/メーカー: 角川書店発…

インパクトは強いよな

交通事故裁判での、被害者の命の重みは、 駅前で配られるポケットティッシュのように軽い。 遺族の悲嘆に比して、 加害者はあまりにも過保護である。 命の尊さに、法が無慈悲であってはならない。 裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)作者: 長嶺超輝出版社/メ…

セ・ラ・ヴィ

「Ce'st la vie. それが運命さ」 「いつも間違えているけど、今のは、それが人生、よ」 「いつも言っているが、同じなんだよ、その二つは」 冴子は首を振る。 「いいえ、運命と人生は、絶対に違う」 二人の間に閃光が走る。城崎は一瞬、冴子を真剣に見つめた…

やっぱこれ負け犬の人だったのか。

鉄の道と書いて、鉄道。この道には、茶道や華道に勝るとも劣らぬ、深い魅力があります。終着駅はあってもゴールはないのが鉄の道であって、乗れども乗れども、「もう十分」ということにはならない。 女子と鉄道作者: 酒井順子出版社/メーカー: 光文社発売日:…

269p お父さんには会社が現実(リアル)。 290p, みかえし 泣きたくなったんじゃない。怖い目にあったり悲しい話を聞いたり、そういうときに流す涙でもない。ただなにかが身体の内からこぼれそうになったのだ。ぜったいことばにならない、ことばにできない、そ…

ためこんでた。これでおしまい。

ぼくはその箱を見ながら考えた。きっと、彼と母親の物語も、最後は穏やかに終わるはずだ。 このチョコレートは、人を幸せにするから。 タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)作者: 近藤史恵出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2007/10メディア: 単行本…

ためこんでた。そのに。

三浦 ところが、『のだめ』を読んで怒る人がいたんですよ。なぜあんなゴミため女に千秋先輩が……、と。「ええー、そこで怒っちゃうの!?」とびっくりしました。 よしなが そこには才能っていう誰もふれられない聖域が(笑) よしながふみ対談集 あのひととここだ…

ためこんでた。そのいち。

「みせて」『カツクラ』は、読書好きのティーンに向けた情報誌。ティーン向けといいつつ買うと千円くらいするので、部費で共同購入して回し読みしている。望美は、掲載されているイラストのペンネームの脇に記された年齢も気にしてみているのだが、ティーン…

D-51って鉄っちゃんなの?と思ってしまった一節。

D51187は準鉄道記念物に指定されています。 女子鉄 (MARBLE BOOKS)作者: 女子鉄制作委員会,横見浩彦出版社/メーカー: マーブルトロン発売日: 2007/12メディア: 単行本 クリック: 15回この商品を含むブログ (16件) を見る 82p 101~109p で紹介されてた本が結…

原点回帰

「当社の意図はあくまでもお客さんに喜んでもらうことです。おもしろかったというニコニコもいいし、親と子の対話が増えたニコニコもいい。おじいちゃんが健康でいられるニコニコもある、その結果、社員も取引先も株主もニコニコしている。つまり、任天堂は“…

平成狸合戦ぽんぽこ(嘘)

「ああ、どうしよう矢三郎。我が一族の頭領、兄さんの絶体絶命の危機だというのに、俺はなんだか妙に面白くてしょうがないよ。ふざけたことだなあ」 「かまわん、走れ兄さん。これも阿呆の血のしからしむるところだ」 私は言った。「面白きことは良きことな…

意外と死語って多い

心がけたことは、おとなにも子どもにも、今後は忘れられてしまう恐れの強いことばや暮らしぶりの一片を、書きとめておこうとしたことである。 (中略) こんなことを云ってくれるなんて、昔のおとなはありがたい。情け有馬の水天宮。恐れ入谷の鬼子母神。ほ…

また実家

というわけでまた TSUTAYA でレンタルしてきましたとさ。 借りてきたのは、以下の5冊 皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ) ソウルイーター 12 (ガンガンコミックス) ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) ホームメイド 1 (りぼんマス…

次の巻はいつ出ることやら

泣いてごらん。 そんな時、人間は泣くんだ。 最初は真似事でもいい。 真似でもそのうち本物になる。 私のように本当に泣けるようになる。 PLUTO 6 (ビッグコミックス)作者: 浦沢直樹,手塚治虫,長崎尚志出版社/メーカー: 小学館発売日: 2008/07/30メディア: …

噂のマリみて

言いたりない言葉が まだ たくさんあったかもしれない けれど すべてを 伝えられはしないから 『蛍の光』にもあるように ただ ひたすら願う 幸せに と マリア様がみてる 8 (マーガレットコミックス)作者: 長沢智,今野緒雪出版社/メーカー: 集英社発売日: 200…

少女生理学

カルキの水は苦しくて 海にも還れない 少女生理学 (アクションコミックス)作者: 新井葉月出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2004/11/12メディア: コミック購入: 1人 クリック: 21回この商品を含むブログ (26件) を見る 第2章出てるんだー。バイト先の古本屋で…

お別れだね

さようなら 私の「獣王」 永遠に そして 君は降り立つ 最後の「獣王」として どうか 忘れないでくれ この星系に生きた もうひとつの“種”を 君達の もうひとりの 兄弟たちを―― 獣王星―完全版 (3) (HANA TO YUME COMICS SPECIAL)作者: 樹なつみ出版社/メーカー…

この命が絶えるのは構わないから

今宵一夜お信と呼ばせていただく事どうかどうかお許し下さい! 大奥 (第1巻) (JETS COMICS (4301))作者: よしながふみ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2005/09/29メディア: コミック購入: 8人 クリック: 230回この商品を含むブログ (803件) を見る 147p 続き…

ともだち

男女の間にも友情は湧く。湧かないと思っている人は友情をきれいなものだと思い過ぎている。友情というのは、親密感とやきもちとエロと依存心をミキサーにかけて作るものだ。ドロリとしていて当然だ。恋愛っぽさや、面倒さを乗り越えて、友情は続く。走り出…

あなたのサムワンになりたかった

「(略)ねぇ、君たち。君たちにもきっといるのだろうね。大切な人が。家族ともちがう。ほかの誰ともちがう。誰が現れてもその人の代わりにはならない。友と呼ぶのか。恋しい人と呼ぶのか。それは君たちに、任せるが。そう、その人を、ぼくたちは、こう呼べば…

今度試してみよう

225p 詩織のココアはスーパーで売っているインスタントとはちょっと違う。香りが、格段にいい。 秘密の隠し味を使っているらしいけど、訊いても全然教えてくれない。 今度こそ、訊き出してやる。 307p 晴香は詩織の日記帳を胸の前でしっかりと抱えた。 その…

EX LIBRIS

ラテン語のエクスリブリスは、前述したように、「誰それの蔵書のうちの書物」〔"Out of the books, from the library of the person whose name follow"〕という意味であり、それから想像できるように、書物に関係し、その書物の所有者を明示するために作ら…

生きること

326p (理屈ではない。理屈では、仲成さまのおっしゃったことのほうが正しいような気がする。それでも今は、わたくし自身の得たものを信じよう……) 432p 帝を否定し、皇そのものを否定することが阿高にはできた。彼を倒すことも。自分がその気になれば、帝が…

ほんもの と ただしいこと

100~101p ゆうがた おかあさんといちばへいった かげがふたつできた ぼくは おかあさんのかげだけ ふまないであるいた だって おかあさんがだいじだから かげはふまないんだ はすだひとし(七歳) 本物に出会うのは年齢ではないと私は思っている。 106p 正しい…

言葉の吝嗇

「パパを愛してるの?」 その答えがふるっている。 「言うと減ります」 言うと減る言葉もあるらしい。 “ありがとう”と“ごめんなさい”を言えば人間関係はそれだけでも、かなり円滑になる。それらをケチるとまずい。ただし、あまり言うと内容が薄まる言葉もた…

女は誰しも巫女のようなところを持っていると思う。

「これは、魂寄せよ。心からその人を思い、心をこめてその人のことを語れば、影は必ず現れるの」 藤太たちは顔を見合わせた。たしかに自分たちもよくいっている、『うわさをすれば影』と。それは、まじないでもなんでもないはずだった。しかし、リサトは真剣…

吝嗇家でもこんな形で貢献できたらしいよ。

データ分析上、図書館の利用が増えると、近隣の書店の売上が伸びるという事実がある。 無口な本と司書のおしゃべり作者: 大島真理出版社/メーカー: 郵研社発売日: 2004/11メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (3件) を見る 45p

めをそむけるな。

意識しなくても、 誰もが、どこかで、他人を殺している。 スカイ・クロラ作者: 森博嗣出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2001/06メディア: 単行本購入: 7人 クリック: 353回この商品を含むブログ (427件) を見る 228p

あたりまえかもしれないけれど。

人数分の物語を乗せて、電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。 阪急電車作者: 有川浩出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2008/01メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 201回この商品を含むブログ (383件) を見る 107p

こういう冒頭が大好きです。

春は死者の季節である。 長い冬を耐え、水が温み、木々の芽が柔らかく綻ぶ頃を迎えて、ようやく死者が咲き乱れる季節がやってきたのだ。 懐かしい死者よ。待ち遠しかった春よ。 いのちのパレード作者: 恩田陸出版社/メーカー: 実業之日本社発売日: 2007/12/1…